お悔やみ電報を送る場合、1番重要なことは、葬儀の前に届くことです。もし、葬儀が午後からなら、遅くても午前中までに届いている必要がありますが、できれば、葬儀の前日に届くのが望ましいです。

場所によっては、業者によって、葬儀までに間に合わない場合もあります。

そのため、お急ぎの場合は、全国に営業所があり、配達スピードが速いお店を優先して選んだほうがいいでしょう。

具体的にどのようなお店かと言えば、昔から電報を取り扱っており、全国に営業所があるNTTのDMAIL。また、佐川急便の子会社になり、配送スピードが上がったベリーカード。

その他、大手のグループ会社の電報のお店であれば、配達スピードは速いですし、ホームページには「送り先の郵便番号」を入力することで、お届け予定日が表示されるサービスを持っているところが多いです。

逆に、いつまでにお届けできるか判別できないようなお店には依頼しないほうがいいでしょう。

葬儀までに時間がない場合は、確実にお届けできるお悔やみ電報を送ることが重要ですので、NTT、ソフトバンク、KDDI、および佐川急便グループの電報のお店がおススメでしょう。